読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むかで屋日常

練馬の片隅に生きる江戸型彫り職人見習いと、その影武者のブログ

お知らせふたつ

夏休みも終盤に突入せんとする今日この頃、みなさんお身体の調子はいかがですか?私は加山雄三映画特集に通う他は、ほとんど練馬区を出ない省エネな日々を送っております。 更新が滞っている間に、イベントがふたつ迫ってまいりましたので、ひとまずご紹介…

ハンマーとマンボウ

先日ご紹介した三すくみの蔵書票(三すくみの蔵書票 - むかで屋日常)に続いて、2種類の蔵書票をお求めいただけるようになりました。 ひとつめは、消しゴムはんこで作ったハンマーの蔵書票です。 並べてみるとこんな感じ。 ハンマーについている血しぶきは、…

型紙を美しく写真におさめる方法

型紙の写真を撮るのはとても難しくて、このブログに投稿する時は、「本物はもっと奇麗なのに……」と、忸怩たる気持ちになります。 同居人氏が写真家さんに相談したところ、「型紙を撮るならライトボックス、無ければ日中窓に貼り付けて代用できる」とのこと。…

三すくみの蔵書票

前の記事(消しはん作品色々 - むかで屋日常)で紹介させていただいた消しはん作品のうち、三すくみの蔵書票が、西早稲田ののびのび荘様でご購入いただけます。 消しはんは増産が容易なので、蔵書票3枚セットが330円というお求めやすい価格でご用意して…

消しはん作品色々

前回の更新から1ヶ月半もたってしまいました。夏本番の暑さですが、体調を崩されたりはしてないでしょうか? ご無沙汰している間に、新井氏が不思議な消しはんを量産していたのでご紹介。最初期に作った蔵書票。こちらは現行版、ヘビの蔵書票が違うのです。…

消しゴムはんこの蔵書票

7/6(日)江戸東京博物館で開催される、第18回 東京ポエケットに「むかで屋」の名義で出展致します。 TOKYOポエケット in江戸博 vol.18 2014年7月6日(日) 開催決定!同人詩誌の展示即売が中心の催しですが、取り扱う品物は幅広く、私は蔵書票を販売する予定で…

5月24日、25日は葛飾区職人会まつり

更新をサボっているうちに1日前になってしまったのですが、明日24日と明後日25日葛飾区職人会まつりが開催されます。 むかで屋新井も江戸型彫り矢田型紙店のコーナーにおりますので、もの好きな方は声をかけてやって下さい。 長袖が目印かも。 職人会には矢…

折り鶴のぽち袋も作りました

先日ご紹介した折り鶴のハガキと同じ型を使って、ぽち袋を作成しました。のしもついていい感じ。裏側にも鶴をあしらっております。いままでむかで屋のぽち袋と言えば、こういうやつでしたが、折り鶴柄なら普段使いもしやすいのではないでしょうか?はがき、…

折り鶴の絵葉書

型を整理していた時に、なかなか素敵な折り鶴の型を見つけたので、絵はがきにして見ました。むかで屋絵はがきにしては珍しく、普通に「和」なモチーフ。ちょっとした挨拶などにも、使いやすいのではないでしょうか。 色はこんな感じ。あえて筆を洗わないで…

男浴衣に挑戦

着物周りを仕事にする以上、自分も着物を着こなさないと……と言うことで、お師匠様から浴衣をお借りして着付けてみることに。 こんな感じになりました。しかし、私も同居人氏も男着物に関する知識がないので、どうすれば正解なのか分からないのであります。 …

手ぬぐい猫の絵はがき

本日は、手ぬぐい猫の絵はがきを製造しました。年経てもののけになった猫が、手ぬぐいを頭にかぶって踊るという言い伝えがあるそうでして、その姿を想像して作ったものです。型は同居人氏の彫った中で、最初期のものです。この型で手ぬぐいを作ったりしたな…

浮世絵の型紙

ただいま同居人氏が取りかかり中の型紙です。 浮世絵の美人画風。 細かい線をひとつひとつ彫ってゆきます。 特に、顔と髪の毛の表現がとても繊細。

春らしい絵葉書

かなり春らしい陽気になってまいりましたが、いかがお過ごしですか? 江古田の桜はほぼ満開です。 久々の新作絵葉書出来ました。 春らしく桜がらの絵葉書……と思っていたのですが、これ、よく見ると梅の可能性が高いですね。 一緒に、松と竹のがらも描き込ま…

紅型修行中

すっかりご無沙汰してしまいすみません。 同居人氏は、「引き彫り(小刀で絵柄を切り抜いてゆく技法)強化月間」らしく、 毎日紅型などに取り組んでいます。 紅型は鳥の表現が独特な気がする。 現在は、「つり切り」という工程をやっています。 1)の花の中…

カンフーレジェンドぽち袋

むかで屋の新作ぽち袋です。ヒョウタンと、ヌンチャク‼︎ヒョウタンは、ジャッキー•チェンの「酔拳」ヌンチャクは、もちろんブルース•リーをイメージしております。背景も中華テイスト。西早稲田ののびのび荘様で販売中です。最新情報・NEWS - ギャラリー・雑…

新たな課題は紅型風

同居人氏が新しく取り組んでいる型紙です。 先生曰く「紅型の型紙」とのこと。 この鳳凰(?)は、確かに紅型っぽい。 赤とか黄色とか、ビビットな色で染めてみたい感じですね。 普段彫っている型紙よりもおおらかに見えますが、 余白(黒色の部分)がとても…

竺仙展示会に行ってきました

同居人氏と一緒に、竺仙の展示会に行って来ました。竺仙は天保13年創業。以来、江戸時代の粋と職人の技術を今に伝えるべく努力されているメーカーさんです。浴衣(ゆかた)・江戸小紋・風呂敷・手拭(手ぬぐい):竺仙:天保13年創業江戸中形の独特の技術を…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も地道に歩んでゆく所存ですので、何卒よろしくお願いします。 型彫り動画また撮ってみました。 三脚を使ったらブレがだいぶん軽減されたかな?

米粒に写経するがごとき

ただいま同居人氏が取り組んでいるのが、こちらの型紙。 この写真だと全部同じ点の繰り返しに見えてしまうかもしれませんが、頑張って寄りで撮ってみると、 まん丸い点と、両端の尖ったお米のような点があることがおわかりでしょうか? 丸い部分は、「錐」と…

おとなのぽち袋、西早稲田ののびのび荘でご購入いただけます。

私がぐずぐずしているうちに、だいぶ時間があいてしまったのですが、 西早稲田の、のびのび荘さま(ギャラリー・雑貨 のびのび荘 - 東京都新宿区 - ローカルビジネス | Facebook)にて、 むかで屋「大人のぽち袋」を置いていただいてます。 「祝う紙・贈る紙…

新しい型紙に取り組み中

お師匠さまからの新しい課題。

大人向けぽち袋、のはずだったんだけど。

西早稲田ののびのび荘様(http://www.nobinobisou.com/)で置いていただいている「大人向けぽち袋」ですが、おかげさまでなかなか好評のようです。 せっかくなので「大人向けシリーズ」第二弾を制作しました。な、なんか、「仲良きことは美しきかな」って詞書…

馬の絵はがき情報

先日から、制作過程などをお伝えしております馬の絵はがきですが、西早稲田ののびのび荘様でも、ご購入いただけることになりました。のびのび荘のFacebookページはこちら→ギャラリー・雑貨 のびのび荘 少し前にご紹介したメリーゴーランドの絵はがきも、一…

馬の絵はがきご購入いただけます。

ひとつ前のエントリーでご紹介した馬の絵葉書ですが、江古田音大通りにあるオイルライフ(OILIFE)様にて販売中です。http://www.oilife.info/ オイルライフは、入ってみてビックリするほど広い店内に、素敵な雑貨がギュッと詰まった素晴らしいお店です。白…

馬の絵ハガキ

そろそろ、年賀状の事を考えなきゃならん季節ですね。むかで屋でも、馬柄年賀状を制作し始めました。 今回は3枚の型を使います。白い部分は、昔懐かしいチョークです。他の型をチョークで写し取って、彫る部分のあたりをつけます。 1枚目の型を刷った状態。…

大人向けのぽち袋と四君子の型紙

大人向けのぽち袋、西早稲田ののびのび荘様で販売中です。お店の場所や営業日などは、のびのび荘様のFacebookページギャラリー・雑貨 のびのび荘などをご参照ください。 四君子の型紙が、黒光りする姿で帰ってきました。 型紙には、非常に丈夫で水にも強い「…

大人のぽち袋続報

先日ご紹介した、昭和の温泉街にありそうなぽち袋を、ちょっとだけ手直ししました。お姉さんの背景に錐彫りの模様をあしらっています。南天柄。桜柄。スミレ?柄。 置いてもらえるお店などが決まったら、あらためてご紹介します。

お子さまには見せられないぽち袋

ながらく取り組んでいた四君子の型紙をようやく彫り上げた同居人氏。今度はぽち袋になにやら刷り始めました。これだけだと、何の柄なのか分かりにくいかも。肌色の次に黒を重ねます。そして出来上がったのがこちら。大人向きの柄ですね。

四君子の型紙

ながらく取り組んでいた、四君子の型紙が完成。 「四君子」とは、蘭、梅、菊、竹を指すそうです。

葛飾っ子

葛飾区産業フェアのFacebookページが、手作り感とクオリティを両立していて面白いです。 第29回葛飾区産業フェア - 2013年度 | Facebook 地元の高校生(と卒業生)が取材と文を担当されているのですが、きっと素敵な経験になると思います。

葛飾区産業フェアに行ってきました

葛飾区産業フェアに行ってきました。 雨の日にもかかわらず、結構な数のお客さんがいらしていて一安心。 昨日から明日までの3日間は、伝統工芸だけではなく農産物の直売もあるので、 青森のリンゴや五島列島の牛肉を試食して回ったあげく、130円のコロッケバ…

型彫柄の付箋

葛飾区産業フェア、本日2日目です。心配されていたお天気も、雨こそ降ってましたが心配していた程の影響はなく、昨日も沢山の人が来てくれたそうです。 昨日から、EDO・LABOブースで販売中の型彫り 柄付箋です。和紙の付箋に型彫りのちいさな模様があしらわ…

浅川製作所のKATAGAMI METAL

いよいよ葛飾区産業フェア(http://www.k-sanfair.com/)が間近に迫っているのですが、 台風の上陸も迫っているので当日のお天気が気になる今日この頃です。 産業フェアでは、型彫りしおり、藍染めのハンカチなど同居人氏手作りの商品の他、 前のエントリー…

葛飾の工芸品と文房具のコラボ

葛飾区産業フェア(http://www.k-sanfair.com/)には、 伝統工芸を題材にした文具を作っていらっしゃるEDO LABOさんも参加されます。 下町職人の技術融合-葛飾で文具ブランド「EDO-LABO」実演会 - 葛飾経済新聞 (注:こちらは8月のイベントに関する記事で…

葛力 !!

10月25~27日の葛飾区産業フェアのステッカーです。 産業フェアの詳細はこちら> http://www.k-sanfair.com/ 産業フェアでは、同居人の新井氏が実演デビューする予定です。 中学生に「型彫りとは何か?」を説明(大人にもうまく説明できない)したりしなけれ…

浦安市猫実

最新情報・NEWS - ギャラリー・雑貨 のびのび荘様経由で、 浦安市の「猫実珈琲店]」さまも、むかで屋の猫グッズを置いて下さることになりました。 早速、猫レターセットを製造。

ハロウィン

私(1979年生まれ)が子供だった頃にはハロウィンと言えば外国のお祭りで、日本でハロウィンを祝うことは、あまりありませんでした。 「ET」みたいな映画とか、西欧が舞台の児童書にハロウィンが出てきて、楽しそうでいいなあとあこがれていたものです。 そ…

merry-go-round

昨日ご紹介http://edokatabori.hatenablog.com/entry/2013/10/01/172631した馬の型紙からどんな絵はがきが生まれたかというと、 カラフルな絵はがきになりました。 一番好きな色合いは、これかな。 パレット上で絵の具を混ぜながら、グラデーションを作るよ…

Abduct

謎が謎を呼ぶこともある、むかで屋グリーティングカード。 表紙は、のどかな牧場風景。 沢山並べてみても、のどか。 ところが、カードを開いてみると あなたはアブダクトの瞬間を目撃する! 伝統工芸とアブダクトの関係に思いを巡らせて下さい。 江古田OILif…

merry-go-round その2

型の柄を写す時には、チョークの粉を使います。 画面の白っぽいところがチョークです。

merry-go-round

ただいま、年賀状ハガキを鋭意制作中。 どんな色使いになるか、お楽しみに。

ゾンビ絵葉書

むかで屋絵葉書1の珍品、 ゾンビ絵葉書です。 江古田のOILIFEさん、西早稲田ののびのび荘さんに納品予定。 (白黒の方は、私が画像アプリで作ったもので、実物は存在しません)

ご無沙汰のお詫びと、型彫り動画

大変ご無沙汰して申し訳ありません。 アカウントをid:edokatabori に変えて出直しです。 お詫びだけではなんなので、動画もどうぞ。 錐彫りという作業中の動画(背景の音声は、テレビの音)です。 http://www.youtube.com/watch?v=Rx9yj67Kjys#t=14 この作業…

寒い日が続きますが

お久しぶりの更新です。なにかと気ぜわしい季節ですが、みなさまお元気でしょうか? 今日は、むかで屋絵はがき一番の売れ筋、白黒動物シリーズのご紹介です。もともとむかで屋の絵はがきは、モノトーンが多いのですが、ゲジゲジとかダンゴムシとか思い切った…

やっかいな型紙に取組中

同居人氏が取組中の課題。 一見、シンプルな柄ですが、実は葉っぱの一枚一枚に細かな切れ込みが入っていて、彫るのにすごく手間がかかる上、なかなか気が抜けない難物です。 刃物をずっと小さく動かし続けないといけないので、見ているこっちもなんとなくむ…

和ガーリーな栞

むかで屋栞の新作が出来ました。けっこう複雑な柄ですが、もちろんお値段据え置き。 シンプルな彫りもモダンでステキですが、 こういう切り抜く場所が多い作品の方が伝統工芸っぽく見える気がします。 ところでこの栞たちの柄、どこかで見たような気がしませ…

手鞠の型紙、完成

以前のエントリ2012-10-03 - むかで屋日常で途中経過をお伝えした 手鞠の型紙ですが、本日完成しました。 全体図はこんな感じ。 型彫りを施した用紙を光に透かしてみると、繊細なレースを見ているみたいで、本当にステキなんです。 私の拙い写真では、型彫り…

烏賊葉書ができるまで

同居人氏が、新しい絵柄の葉書を刷っていたので、写真を撮って型染め(合羽刷り)の工程をご紹介。 カラーの図案を型染めする時は、 この様に、複数の型を彫ります。 色の数だけ型を作ることが多いようですが、1つの型で複数の色を染めたり、同じ色でも型を…

手鞠の型紙

同居人氏がただいま取組中の型紙。 かなり細かい彫りが延々と続くので、気を抜けなくて大変そう。この柄で実際に着物を染めるとしたら、振袖が良いかも。若い娘さんに華やかに着こなして欲しい感じです。