読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むかで屋日常

練馬の片隅に生きる江戸型彫り職人見習いと、その影武者のブログ

寒い日が続きますが

 

 
お久しぶりの更新です。
なにかと気ぜわしい季節ですが、みなさまお元気でしょうか?
 

今日は、むかで屋絵はがき一番の売れ筋、白黒動物シリーズのご紹介です。


もともとむかで屋の絵はがきは、モノトーンが多いのですが、



ゲジゲジとかダンゴムシとか思い切った生き物が多くて、
いまいちお客さんからの反応が薄い。
それで、「パンダとか、もうちょっと可愛い系の生き物を作って売ろう」という事で作ったのが、この白黒動物シリーズです。


 





 


というわけで、バク、アリクイ、ペンギンです。
 
 
 寄りの画で見るとこんな感じ。




 バクって生で見たことないけど、馬の仲間なんですね。
大きくなると2メートル位になるのだとか。




 アリクイです。
 このアリクイ親子には、実在のモデルがいます。
池袋サンシャイン水族館に住むミナミコアリクイのタエさん。
彼女についてご存じない方は、〈アリクイ 脱走〉で検索してみて下さい。

 余談ですが、最近大蟻食こと佐藤亜紀さんの本にはまっています。
背景にある教養がハンパない。
今のところ、「ミノタウルス」とエッセイの「外人術」を読んだのですが、
オススメがある方は教えて下さい。
(あまり多作な方ではないので、「全部読めよ」って言われたらそうなんですけど)
 


 そしてペンギン。
いかにもペンギンなかわいらしさから少し外れた、素っ気なさが個人的にツボ。
 ぶっちゃけペンギンって、本物はそんなにかわいいもんでもないですよね。
泳いでるところは魚雷っぽいし、近くで見ると目が怖いし。
 
  以上3種類、いつも大変お世話になっている(本当に、音大通りに足を向けて寝られない)江古田の雑貨屋さん江古田の雑貨屋 - OILife オイルライフさんで取り扱って頂いてます。

 
 あ、お気づきでしょうが、パンダがいません。
パンダはねー、目の部分を表現するのに型紙がもう一枚いるのですよ。
いずれ作成したら、もちろんこのブログで紹介します。
 

 それでは、恐らくこの投稿が今年最後になると思いますので、
みなさまよいお年を。