読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むかで屋日常

練馬の片隅に生きる江戸型彫り職人見習いと、その影武者のブログ

第2回 猫ノフルホン市に、ちょっとだけ参加しています


雑司ヶ谷旅猫雑貨店」さまで4月19日まで開催中の「猫ノフルホン市」に、むかで屋も参加させていただいてます。


猫ノフルホン市は、全国の「猫」がつく屋号のお店が、様々なジャンルの古本を持ち寄った、非常に魅力的な古本市です。

tabineko.seesaa.net
詳しくはこちらでご確認下さい。



edokatabori.hatenablog.com
むかで屋は、以前この記事ででご紹介した猫に縁のある文学者のほか、消しはんで作った文学者の肖像を出展しています。
ちなみに、ご購入いただくことも可能ですよ。



棚と棚との間に控えめに佇んでいる作家たち。



内田百閒の肖像の近くに、「ノラや」の古本が!
これは、嬉しい。



古本選堂(すぐりどう)さま製作の猫張り子。
原料は廃棄される文庫の用紙だそうです。
 旅猫雑貨店様は、小さなスペースに魅力的な和雑貨がたくさんつまった素敵なお店ですので、ぜひ足を運んでみてください。

 
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/edokatabori/20150324/20150324101246.jpg
4月8日からは、「高円寺ちょこっと一杯展」も開催されますので、こちらもよろしくお願いします。