むかで屋日常

練馬の片隅に生きる江戸型彫り職人見習いと、その影武者のブログ

ハンマーとマンボウ

 先日ご紹介した三すくみの蔵書票(三すくみの蔵書票 - むかで屋日常)に続いて、2種類の蔵書票をお求めいただけるようになりました。


 ひとつめは、消しゴムはんこで作ったハンマーの蔵書票です。


並べてみるとこんな感じ。
 

ハンマーについている血しぶきは、蔵書票によって違います。
 

消しはん製なので、3枚330円というお買い得価格です。


 ふたつ目は、型染めの技術を使って作ったマンボウの蔵書票。


なぜマンボウなのかと言うと、「夏だから!」ではなく同居人氏が「生きろマンボウ」というゲームにはまっているから。
 

少しずつ色を変えながら刷っているため、マンボウの色はすべて違う色です。
型染めならではの手法。
こちらは、ひとつひとつ手で染めているため、3枚で480円です。


 3種類の蔵書票は、西早稲田ののびのび荘様(
ギャラリー・雑貨 のびのび荘 - 東京都新宿区 - アートギャラリー、ショッピング・小売り | Facebook)で販売中です。


 また、蔵書票と同じマンボウの型を使った、絵はがきも販売しております。
こちらは、江古田1のお洒落雑貨屋さん
OILife(オイルライフ OILife grace&nucleus! | Facebook)様で販売中です。
写真撮るの忘れてました、すみません。