むかで屋日常

練馬の片隅に生きる江戸型彫り職人見習いと、その影武者のブログ

ホラーレジェンド一筆箋

 昭和残響伝に出品する新作が出来ました。


じゃーん、ホラーレジェンド一筆箋です。


ホッケーマスクの人と、

夢で逢いましょうな人と、

チェーンソーマスターな人、
三種類の一筆箋が各三枚、九枚入りで販売します。

 

 一筆箋も素敵ですが、パッケージにも注目して下さい。
写真のような紙のラベルを「ラッピングヘッダー」と言うそうなのですが、普段はただ見ているだけの私こと河合が、「ラベル屋さん」と言うマイナーなソフト(しかも旧バージョン)を駆使して作成しました。
見た感じはどうってことないけど、結構手がかかっているんですよ。

 一番大変だったのが、ホラーの舞台っぽい写真で商用利用できる素材を探すこと。「山小屋」というイメージは先にあったのですが、なかなかしっくり来る画像がなくて、「山小屋」とか「Cabin」のキーワードで検索して、80年代ホラーっぽく荒んだ山小屋を探しました。
しかし、出てくる写真は風光明媚で爽やかなものばかり。心を浄化してくれそうな風景を選り分けて、「もっと小汚い写真はねーが!?」「もっと荒んだ写真はねーが?」と探していると、なんとなくむなしくなっちゃったり。

 結局イメージ通りの画像が見つからず、画像加工のソフトできれいな写真を荒れさせて使ってます。


ちなみに、ヘッダーの裏側はこんな感じです。


明日以降、のびのび荘様で販売予定です。

「昭和残響伝」の次に開かれる、白幡美晴さんの個展も楽しそうです。
企画展 - ギャラリー・雑貨 のびのび荘